« 台風一過の散歩道 | トップページ | 病院帰りのお散歩 »

2006年9月19日 (火)

今日は月一通院日

本日、女王様の月一通院日です

本来は毎月18日なのですが連休だったので今日です

体重測定をしてフィラリア予防薬をもらい

フロントラインプラスをつけてもらうのが大きな目的で

他に前足の爪切りと歯と耳のチェックをしてもらいます

いつもは午前中に行くのですが

今日は午前中下僕の月一通院日でもあったため夕方です

そのせいか今までにないほど混んでいました><

午後の診療開始時間である16時を少し回っただけなのに

既に3匹のワンちゃんが待っていました

そして我々の後にもまた3匹のワンコと1匹のニャンコが・・・

その他にもお薬だけもらいに来られた方も数人

そしてあまりの多さに日を改めますと言って帰られた方2人

初めて経験する満員の待合室に女王様ちょっとパニック^^;

下僕の隣りに座った女性の抱いていらした仔犬ちゃんに

ワンッと言われて尻尾がダランとなりました・・・( ´△`)アァ-

Photo_52

ウロウロしていたかと思ったらとうとう椅子の下へ・・・^^;

Photo_54 

他のワンちゃんは2匹を除いて申し合わせたようにMダックス

どちら様もさくらよりちっちゃいのに気が強い(^^;;

洋犬飼いの方々はよく日本犬は気が荒いとか怖いとか仰るけど

やはり個体差というものがあるようで・・・・・

本日の待合室で一番のヘタレは女王様でした^^;

いざ診察室へ入ってからも下僕にしがみついて離れません

体重が測れんっちゅうの!

無理やり引っぺがしてシュパッと離れ、瞬間的に体重測定

7.4kgでした・・・・これって正確なのかー?^^;

そして歯のチェック・・・これも診たような診ないような^^;

耳は女王様ヘッチャラのようでゆっくり診てもらえます (´▽`) ホッ

とどめの爪切りで女の子なのに雄叫びを上げられた女王様

最後にフロントラインプラスを背中に垂らしてもらって腰砕け^^

いつもならこれで「ハイさようなら」とスタコラ逃げ出せるのですが

本日、下僕は先生と大事なお話があります

それは女王様の避妊手術について・・・・・・

実は下僕2人、まだ迷っているのです( ´△`)アァ-

ここから先は下僕の愚痴です^^;

興味のある方のみ続きを読んでください・・・・<(_ _)>

愚痴は聞きたくないよ、という方はここでオシマイ^^



ヘタレな女王様にポチッと喝を入れてってください^^;
にほんブログ村 犬ブログ 日本犬へ にほんブログ村 犬ブログへ

世間には「愛犬に出産させない宣言」などというものもあるようで

そういったことをなさっている方の中にはかなり過激な方も・・・・

例えば・・・・

「自分の愛犬に子供を生ませるぐらいなら保健所で犬をもらって来い」とか

「素人のくせに犬に出産させるヤツには犬を飼う資格がない」とか

でも、愛犬の子供を見たい、育てたい、と思うのはそんなに悪いこと?

こんな極論に応えて極論を述べるならば・・・・

「世界中に溢れている親のない子を養子にするために自分は避妊しますか?」

・・・・・・そんなバカなこと絶対ににしませんよね?

まあ、こんなくだらないことを言っても仕方ないのですが

素人交配の危険性も心得た上で、それでもなお子供を見たい

これは理屈ではなく感情なのです

でも、こういった感情論だけで済まないことも承知しています

いざとなったら生まれてくる仔犬全てを責任もって飼わなくてはなりません

そのためにはとんでもないお金が掛かることでしょう

そして、その仔犬たちにもあっという間に出産問題が・・・

そんな経済力、わたしたちにはありません

そしてお金以外にも・・・・・

出産は命の危険を伴うこともあるという現実があります

その反面、避妊は病気予防になるというメリットを持っています

でも、将来の婦人病のために子宮や卵巣を取る女性がいますか?

これから結婚・出産を控えた女性が、そんなことしませんよね

そう考えたら、やはり避妊手術は間違っているような気がしてきます

こうやってわたしたち夫婦の考えはヤジロベエのごとく揺れています

犬は犬。人間に例えて考えるのは愚かなこと

わたしの理性がそう囁きます

でも、その後から感情が叫ぶのです

さくらだって命をはぐくみ育てる権利があるはずよっ!!

どっちがいいのか指示してください、と泣きつくわたしに先生は

「出産させたいなら雄犬の紹介もします」と仰るけど

「手術を無事に乗り切ればそのほうが犬のためにはいい」とも・・・

自分達で悩んで決断するのが飼い主の務めだということですね

あたりまえですよね・・・・・

でも訊きたい・・・

みなさんはどう思われますか?

|

« 台風一過の散歩道 | トップページ | 病院帰りのお散歩 »

「避妊手術」カテゴリの記事

コメント

うわ~小雪にも調度同じことで悩んでいます。最近はどちらかがいい、悪いということは無いと思え、小雪がしゃべれれば聞いて
みたいです。経済的な理由と母体の安全
他の友達ワンコへの影響を考えると今は
去勢することを考えています。感情では
小雪の子供を見て見たい気持ちもありますが、その先、さらにその先小雪の孫まで
世話をし続けることは現在の自分には
不可能だと思い去勢を考えています。

投稿: かず | 2006年9月20日 (水) 00:25

太郎も毎月18日はフロントライン投与の日なんですが
どうもこれが大嫌いらしく 気配を読み取り逃げまわす始末
旦那が取り押さえても今までに聞いたことがないような
悲痛な叫びをあげて牙剥き出しで抵抗してました(;_;)
皆が近づくと「裏切り者」扱いで逃げていく太郎…おいおいおい!!
私も月一病院で投与してもらうことに決めた!!

避妊の問題ね…大変 考えちゃいますね!!
私としては生まれてきたのだから自然体が一番だと思ってます
病気の予防とか考えたりもしますが傷を受けるのはワンコ自身…
人間に置き換えるのも変だけど癌や病気予防にと臓器を取る人はいないと思うのよね
やはりどれも大切なんじゃないかなぁ…
取った以外の臓器が病気になっちゃうことだってあるんだし
経済面・本当にワンコの事を考えたら避妊がベストなのかなぁ(+_+)
…と皆さんの意見を聞くといろいろ考えちゃいますね
私は先代のタローを童貞のまま亡くしたので心残りに思ってます
今の太郎はお嫁さんを見つけてやりたいなと考えてますけどね
参考にならない事を大変長々とコメントしてしまいましたm(_ _)m

投稿: めぐりん | 2006年9月20日 (水) 10:41

こんばんは・・・あたしはわかります。
Akikiさんの気持ち・・・。
うちはもう避妊も去勢もさせない勢いです。
その代わりブリーダーの資格をとるつもりです。
正しい知識が必要だと思うのです。
ウワサとか流行とかじゃなくて、
「犬にとって何が幸せなのか。」を考えるためにもあたしは避妊、去勢はさせないつもりです。
ブリーダーさんたちは闇雲に産ませている
わけではないのはわかりますよね^^
ベストな時期があるし、そのときの体調、
相性いろいろあってはじめてこの世に仔犬ちゃんたちが産まれるのです。
しかも健康に仔犬が産める母犬の年齢もあるし・・・。
極論を言っておられる方は本当に保健所の犬たちを救い出したことがあるのでしょうか?
あたしははやゆみを飼うまで全部MIXや飼えなくなった犬たちを育ててきましたが、
やっぱり血統書付のワンコの魅力もわかるような気がします。
やみくもに増やすのはダメですが・・。
正しい知識を持つことは大事だと思いますよ。

投稿: はやゆみママ | 2006年9月20日 (水) 19:58

>かずさん
 そうなんです!さくらが喋れたらどんなにいいだろうって
 わたしも思います。でも、現実にはそんなの無理なんだから
 ちゃんと決断しなくちゃいけないんですよね・・・辛い
 
>めぐりんさん
 太郎君は自然派ですね^^
 さくらがもしも男の子だったら、わたしもそうしたかも・・・
 男の子の飼い主さんは生まれた子供達全てを背負うことも 
 ないしね。その代わり、生まれたばかりの赤ちゃんを育てる
 喜びもなくて淋しいけど・・・思えば、その生まれた赤ちゃんを
 育てたいから女の子を飼いはじめたんですよね~わたし・・・
 なのにどうしてこんなに悩むことになっちゃったのかな~

 ところで、フロントラインは病院に限りますよ~チョイチョイ
 とつけてくれますから^^

>はやゆみママさん
 いっそはやゆみママさんみたいになれたらいいのになって
 思うけど、それこそないものねだりですね^^;
 体力的にも経済的にもブリーダーなんて不可能なのだから
 ちゃんとどうするか決めないといけないんですよね・・・
 勉強すればするほどやはり交配は無理かなって思います
 億万長者だったらよかったのにな~プロのブリーダーさんを
 専属で雇うのに・・・^^;


投稿: Akiki | 2006年9月21日 (木) 08:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/120987/3503899

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は月一通院日:

« 台風一過の散歩道 | トップページ | 病院帰りのお散歩 »